The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーカー戦略[中級者編] その3

常識3 オリジナルレイザーのフロップチェックにTP以上のハンドまたはドローなし(主に3人以下のポットでパッシブプレイヤーは除く)

スロープレーというものがありますので一概には言えませんが、結構多くの場合が当てはまります。特にドローあるなしの判断にはかなり使えます。ここで言うドローというのはオープンエンドストレートドロー以上のドローです。ザキさんも同じようなことを書いてましたね。しかし4人以上のポットだとベットする基準が上がりますし、またパッシブプレイヤーはドローでベットしなかったりスロー好きだったりもするので条件から外します(4人ポットでもそこそこ使えますが)。そしてこの常識を少し応用すると次のようなことも言えます。



常識3´ オリジナルレイザーに対してインポジションのプレイヤーのフロップチェックにTP以上のハンドまたはドローなし(条件は同じ)

オリジナルレイザーがチェックしたのでオリジナルレイザーは上の常識によりナッシングの可能性が高いと言えます。なのでドローがあればセミブラフチャンスですし、TP以上のハンドがあればまあ普通は打ちますよね。普通じゃないのは知りません。


これらの常識を利用してブラフしたり、ブラフにコールしたりすることができます。


例1

UTGからレイズ、ミドルとボタンがコール。フロップでUTGとミドルがチェック。これはボタンからするとブラフチャンスです。オリジナルレイザーのチェックに対し、ミドルもチェックしているので両者ともナッシングの可能性がそこそこ高いです。もちろん打ってもセカンドペア等でコールされる可能性もありますが、自分もナッシングなら打つ価値はあります。



例2

ミドルからレイズ、ボタンとBBがコール。フロップでBBとミドルがチェック。この場合はボタンにとってはブラフしやすい状況とは言えません。オリジナルレイザーは持っていない可能性は高めですが、BBは常識1により機械的にチェックした可能性もあるので強いハンドを持っている可能性が十分にあります。要するにヘッズアップで相手のチェックに打つかどうか?って感じですね。ここでボタンはチェックしました。ターンラグ。次にBBの視点から見るとここはブラフチャンスとなります。ターンはラグで状況は変わっていないはずなので(わかりにくいところを引いている可能性もありますが)、オリジナルレイザーとオリジナルレイザーに対してインポジションのプレイヤーがチェックしているので両者ともナッシングの可能性が高めだからですね。



例3 実際にあったハンド

カットオフまで全員フォールドでカットオフが2BBにレイズ、僕がBBでAThでコール。


フロップ

Ad 9d 9h  ポット4.5BB


チェックチェック。


ターン

Ad 9d 9h 4s  ポット4.5BB


僕が2.5BBベット、カットオフコール。


リバー

Ad 9d 9h 4s 7d  ポット9.5BB


3枚目のダイヤが落ちてしまいましたが、上に書いた常識によりカットオフはフラッシュドローを持っていた可能性は低いです。なので僕はブロックベットではなくスモールバリューベットとして3.5BB打ちました。するとカットオフは大きくレイズ、メイクで20BB。フラッシュはほぼないので、持たれている場合であるとしたらAAかA9、44のスロー、または77、97で引いたかのどれかです。ブラフだとすると小さく打たれたからレイズしちゃったって感じですかね。まあ僕はコールしました(バリューベットのつもりで打ったのでレイズにコールしてもアクションに矛盾は生じません)。相手KQoのブラフ。ちなみに相手に対して相当リスペクトがある場合はイージーフォールドになります。こんなストーリーのないブラフなんかしないですからね。



少し話が変わりますが、リーディングの方法の1つとして消去法が挙げられます。消去法で一番簡単なのが非常識なものを省いていく方法です。この方法だと消去していくとそこそこ多くの可能性が残るわけですが、別にそれでも構いません。そこまで詳しくリーディングする必要もないし、しなくても勝てます。相手のハンドを完璧にリーディングできることが偉いわけではありませんからね。もちろん高次元のレベルにおける戦いならそれなりに高いレベルのリーディングが必要となってくるかもしれませんが、とりあえず今の僕には関係のないことですw



ここまで常識を書いてきましたが、常識を理解していて、かつ相手もその常識を理解していることを知っているプレイヤーはあえて常識を外したプレーをすることもあります。しかしぶっちゃけこのようなプレーはローレートどころかミドルレート(2~10NL)でさえ必要ないと思っています(スロープレーはそこそこ使えますけど)。10NLならメンツ選べば良いかもしれませんけどね。



一応一通り書き終えたので次回からはマカオでのことを書きます。

質問も受付中。


ポーカー戦略[中級者編] その2

常識2 確認レイズ(ベット)というのは存在しない

初心者編その3を見ると、ベットの目的のところに「相手のハンドの強さを確認するため」というのがないことがおわかりいただけるかと思います(ベットとレイズは概念は同じで、違いは前にベットが入ってるかどうか)。確認する(できた)というのはベットやレイズした時に付随してついてくるものであって、それ自体が目的ではなくそれによる結果なのです。むしろチェックやコールの方が確認の目的を含んでいると思っています。マージナルハンドでコールするのがそれですね。


例1

カットオフがレイズ、ボタンでAJsでコール。ブラインドはフォールド。


フロップ J 9 3 ハート2枚


カットオフがCBを打ってきました。カットオフはセミルールアグレッシブ系でCBもしっかり打つタイプだとします。これはレイズできる状況です(と言ってもジャストコールでも全然問題ありません)。しかしレイズする目的は相手が強いハンドを持っているのか、またはブラフかどうなのかの確認ではありません。自分のハンドが相手の想定できるハンドに対してベストハンドの可能性が高いからです。レイズするとカットオフはさらにリレイズしてきました。確かにここで負けている可能性が高いと確認できたことになるかもしれません。しかしそれはレイズした結果わかったことであって、もともとそれを知るためにレイズしたわけではないのです。(それでもリレイズされたら降りるかどうかは先に決めてからレイズする場合が多いですけどね)

またこれがタイト目のプレイヤーがUTGからレイズインしてCBを打った場合ならどうでしょう。確認レイズという名目なら確かにCBに対してレイズできるかもしれません。しかしそれはレイズというアクションの概念から外れています。この場合は自分がベストハンドを持っている可能性は上の例よりも高くなく、レイズするのは少しリスキーなプレーとなります。なのでこの場合はジャストコールするのが普通のプレーですね。



例2

AAでミドルからレイズイン、ボタンがコール。


フロップ 7 6 2 スペード2枚


CBを打ったらレイズされました。さてどうしますか?軽く相手のハンドをリーディングしてみましょう。相手の想定できるハンドは大きく分けて4種類です。1つは相手はそこそこ強い手を持っているがこちらの方が強い場合。つまり99やTTなどのハンドですね。2つ目は2ペア以上のハンドです。もちろん負けています。3つ目はセミブラフ。4つ目はピュアブラフ。この場合は大きく勝ってます。ここで相手のハンドに7ヒットでこちらがAK等でブラフしているのか見極める為にレイズしていると勝手に思い込んでリーディングしてしまう人がいますが、普通7ヒットはジャストコールなので除外します。可能性があったとしても薄めです(相手は常識のあるプレイヤーだとしています)。

ではここで自分のアクションを決めてみましょう。私的に一番良くないと思うのが、「相手のハンドを確認する為にリレイズ」というプレーです。何度も言いますがこういうプレーはレイズの概念とは外れています。リレイズするのなら、「自分のハンドがベストハンドの可能性が高いから」や「ドローにリスクを負わせる為」という理由でリレイズするべきです。なので僕はリレイズする時はスタックが100BB程度ならオールインが来ても突っ込む予定でリレイズしています。リレイズすると結構コミットしちゃいますからね。自分のハンドがマージナル(勝っている可能性がそれほど高くない)だと思った時はジャストコール、負けている可能性が高いと思った時はフォールドします(ヘッズアップだとなかなかありませんがw)。まあこのボードは比較的突っ込みやすいボードですね。

ちなみにですが、同じボードでAAを持っていてレイズされたとしても、相手や自分のポジション、自分の信用度等によってプレーが変わります。同じベストハンドの可能性が高そうな状況でも、フロップでオールインに発展しそうならリレイズするし、ブラフの可能性が高そうならターンでチェックレイズオールイン予定(常識1によりコールにとどめた場合はターンではとりあえずチェックします)でコールにとどめるかもしれません。


これらのように常識のあるプレイヤーは確認レイズなどしてきません。初心者編その3で書いた概念に基づいてベットやレイズをしてくるのです。上手いプレイヤーになればなるほどその判断が的確です。ただ確認するためにベットやレイズするというのは概念に反したプレーであり、良くないプレーということになります。第一確認でレイズしても更にブラフでリレイズされるかもしれないですしね。それだと何のためにレイズしたのかわからなくなります。また確認レイズというのをリーディングに入れるのも良くないですね。相手が弱いプレイヤーなら別ですけど。



コメント欄にて質問も受け付中。


ポーカー戦略[中級者編] その1

気が変わりました。まずは3、4回分中級者編を書いてからマカオに関して書きます。

中級者編以降は初心者の方は対象にしておらず少し難しい内容になってしまうかもしれませんが、その件に関してはご了承下さい。しかしここ3、4回分は初心者の方も知っておく必要がある内容です。

中級者編ではまず最初にあまり知られていないポーカーの常識を書いていきます。打てるプレイヤーの中では常識なのですが、そうでないプレイヤーはこの常識を知らない為にどうしてそう考えちゃうの?というリーディングやよく意味がわからないプレーをしてしまいます。この常識を知ることによりリーディング能力や自分のプレーがかなり改善されるはずです。


常識1 前のラウンドで最後にベットorレイズしたプレイヤーまでチェック(ラグの場合)

このプレーはベットやチェックの概念に基づいているわけですが、その概念を理解していないプレイヤーはこのプレーの意味を理解できません。なので相手がこういうプレーをした場合、ただの弱みだと思ってしまうわけです。


このプレーの概念

これは前のラウンドでポジションがない状況でベットorレイズにジャストコールし、次のラウンドでアクションが回ってきた時の状況です。コールというアクションはベットが起きてない場合のチェックに置き換えられます。相手のベットorレイズにコールしたということは初心者編その3より

1. 自分のハンドがマージナル、つまりベストハンドの可能性がそれほど高くない
2. レイズする理由がない
3. 罠にはめる


からコールにとどめたわけですよね。次のラウンドでラグのカードが落ちました。ラグということは状況に変わりはありません。ここではチェックするのが常識のプレーとなります。なぜなら状況が変わっていないからです。場合分けしてみましょう。


「1の理由でコールした場合」

落ちたカードはラグなので、前のラウンドで自分のハンドがマージナルだと思ったのなら今現在もマージナルなはずです。マージナルだと思ってコールしたのなら、ここでもマージナルだと思ってチェックすべきですよね。


「2の理由でコールした場合」

同じく前のラウンドでレイズする理由がないのだから、状況が変わっていない今現在もベットする理由がないはずです。


「3の理由でコールした場合」

これに関しては少し微妙なのですが、基本的には前のラウンドでスローをしたのならその次のラウンドも罠にはめる為にチェックした方がいいですよね。


よって相手がベットやレイズにコールした後に次のラウンドでチェックしたとしても、それは弱みでもなんでもありません。彼らは機械的にチェックしているのです。またプリフロップでブラインドでレイズにコールし、フロップに何が出ようがチェックするプレイヤーもいますが、これは基本的には上の考えと同様のプレーです。ただし明らかにプリフロップとフロップとでは状況は変わってますけどね。なのである規則に従って先打ちするのも悪くありません。

少しトリッキーなプレーでフロップをチェックコールした後ターンで先打ちするというプレーもあります。このプレーをする時はそれなりの意図を持ってするべきで何も考えずにやるのはただのフィッシュプレーです。詳しくはシマダさんのブログのJohnny Chanプレーを参照。

この先打ちですが、英語では「donk bet」と言います。意図なく先打ちするのはその名の通りバカがするベットとなります。フロップでヒットした時だけ先打ちとか最悪ですね。

また3スート目が落ちたなど状況が変わった場合は話が違ってきます。引いたのなら先打ちするのもいいし、場合によってはスローでチェックするのもいいでしょう。


ちなみにこれが初心者編その4で書いた「不自然なプレーは止めよう」のところの答えです。フロップでレイズにコールしてまたターンで先打ちとか意味わからなすぎるし、されるとめっちゃイラっときますねw



コメント欄にて質問も受け付中。




ポーカー戦略[初心者編] まとめ

初心者編で書きたかったことは大きく3つありました。

・ プレーに一貫性を持たせる

そのラウンドだけ見れば正しいプレーだったとしてもその前、または次のラウンドで予定されているアクションと関連付けると正しくなくなる場合があります。実際かなり難しい内容で、この内容を理解した=すでに初心者ではない、となるので初心者編で書いてしまったのは僕のミスですね。中級者編以降で更に言及していくつもりです。


・ ルースに打ったりスモールボールという戦略を使ったりするのは上級者になってから

これらのプレーはかなりの技術を要し、実践しかつそれで勝つにはかなり難しいです。フロップ以降のプレーが上手くないと小さく勝ち大きく負けるというパターンにはまり、普通に打つよりも余計に負けてしまいます。それを防ぐにはタイトに打ち、参加する時はプリフロップから大き目に打って相手を降ろす必要があります。


・ 引かれるのは仕方ない

繰り返しになりますが、どうも引かれること自体がトラウマみたいになっている人が多い気がします。「AAなんて嫌い」というのもそれですよね。特にくそハンドにまくられるのが我慢できない感じですかね。まあ気持ちはわかりますし、確かにオッズ無視でコールされて引かれるのはとてもうざいですが、実際僕らが勝てるのは彼らのおかげです。ただしインプライドを与えてしまうのは明らかにミスプレーとなります。



とりあえず初心者編で書こうと思ってた内容はこれで終わりになります。自分ならこうするという内容ですので参考程度にでもしてもらえたら幸いです。


ポーカー戦略[初心者編] その9

5 vs ルースパッシブ

・ 参加率は30%以上。40%以上ならフィッシュと認定してOK。

・ アグレ度は1前後。

・ フロップCB率は40%以下。


5.1 コーラー

コーラーです。ルースアグレッシブと違うところはブラフをほとんどしないところ。


対処法

・ ハンドが入ったらとにかく打ちまくる

相手はコーラーなのでブラフを控え目にしてハンドが入ったら自分からベットしていきます。ここまでは対ルースアグレと同じなのですが、違うのはリバー。相手はチェックしてもブラフをしてこないのでこちらがハンドを持っている時はチェックをする意味がないです。なので相当嫌なカードがリバーで落ちない限りベストハンドの可能性が高いなら打ちきります。


・ レイズには注意

コーラーのレイズはマジ手です。オーバーペアも捨てるくらいの気持ちで。



5.2 フォールド

弱いです。弱すぎますwルースに参加するくせにヒットしなければすぐに降りるタイプ。ブラフもしません。


対処法

・ とにかく打ちまくる

ベットすれば簡単に降りてくれるのでナッシングでも打ちまくりましょう。フロップコールされた場合にターンも頑張るかどうかは相手とターンのカード次第ですかね。フロップはコールしてもターンですぐ降りるなんてやつもいます。



ここ数回にわたってそれぞれのスタイルの対処法を書いてきましたが、全てのプレイヤーが忠実にこれらのタイプに属するわけではありません。この分類は大まかに分けただけですので、実際にはこれらのことを応用する必要が出てきます。例えばルースアグレッシブ相手にはリバーはチェック、パッシブならリバーも打つと書きましたが、相手はそこそこアグレッシブだけどチェックしたら必ず打つわけでもなく、それでいてコーラーというのならバリューベットを打つべきなのかチェックしてブラフをもらいにいくべきなのか判断に迷う場面も出てきます。最終的な目標は1人1人のプレイスタイルや癖を見極めて対処できるようになることですね。



プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。