The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JJでのプレー

あるサテライトの終盤

インマネが7位からでサテライトを通過できるのが4位から。

このとき残り8人中7位。

残り10BBで回ってきたBBの時のハンドがJJ。

インマネ自体にはそんなに興味がないのでこの辺でダブルアップしておきたいところ。
するとアーリーのレイズにビッグスタックがリレイズ。

ん~、この終盤でのリレイズって明らかAA~QQ、あってAKだよな・・・。

まあ普通ならフォルド。
しかしダブルアップしておきたいw

ん~~ん~~

悩みの末ルーズにオールインw

相手コールでAA (オリジナルレイザーはフォルド)

ですよねーw

まあJ落ちることなく死んだわけですが、


ではここでこのプレーはオッズがどのくらいあると正当化されるものなのかちょっと計算してみようと思います。

上のパターンでは相手が複数になってしまうかもしれないので、
自分がミドルでJJをレイズで参加。次のやつがリレイズ(もしくはリレイズオールイン)でその他全員フォルド。
この場合にオールインコール(もしくはコール)するにはどのくらいオッズが必要か求めてみます。
相手はタイトとし、相手のハンドはAA~QQ、AKとします。


まずそれぞれのハンドに対する勝率は、

AA~QQに対しては18%
AKに対しては55%

となります。

次にそれぞれのハンドが何通りあるか数えます。

ペアはそれぞれ6通りなので (4枚の中から2枚を選ぶ組み合わせ)
AA~QQは18通り。
AKは16通りとなります。 (AとKそれぞれ4枚で4×4で16)

よってこれらをもとに勝率を求めると

(18×18%+16×55%)/34=35.4%

確率をオッズに変換する方法は

(100-確率)/確率

なのでオッズは

(100-35.4)/35.4=1.82

となります。

つまり、相手が一人でポットオッズが1.82以上ならJJでリレイズオールイン(もしくはリレイズ)にコール(もしくはオールインコール)出来るということになりますが、

(もちろん相手がルーズな場合はもっと簡単にコール出来ます)

トーナメントにおいては期待値がプラスでも我慢しなければならない状況ということもありますので、
その辺はその時の自分のスタック量や回りの状況次第ですかね。

ちなみに上の僕のパターンでは、相手が一人に確定してない&オッズも足りてないので、完璧ミスプレーでしたw

関連記事

この記事に対するコメント


難しい場面ですね!相手ビックスタックですからね。ショートのオールなら受けてます。僕はJJ嫌いです^^ミドルペアと割り切って、セットにならなかったらソッコーフォルドしてます、最近...
【2008/03/29 16:16】 URL | Shinjyuku #- [ 編集]


>Shinjyukuさん
コメントありですw
JJが強く見えて捨てられない時がたびたびありますw まだまだ未熟です。
【2008/03/29 21:24】 URL | マイケル #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://pokerbymj.blog74.fc2.com/tb.php/7-64eb76cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。