The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングボールとスモールボール

ポーカーの概念の1つにこんなものがあります。


「相手の選択肢を減らすことはミスとはならない」


どういうことか説明しましょう。まず相手の選択肢を一番減らすアクションとは何でしょうか?簡単ですね。自らオールインすることです。すると相手はコールかまたはフォールドの2択しか選択することができません。しかしここでオールインではなく普通にベットした場合は相手にレイズという選択肢が増えてしまいます。レイズされてしまうと今度はこちら側がアクションを選択しなければならなくなります。選択する回数が増えるわけですから、1回の選択においてある一定の確率でミスをすると仮定すると当然全体ではミスをする確率が増えてしまいます。と言うことは、相手の選択肢を増やすことは自分がミスする可能性を高める、つまり相手の選択肢を増やすこと自体が自分のミスとなりうる、ということになります。よって逆に言えば相手の選択肢を減らすことは自分がミスをする可能性を減らすことになるわけですので、それ自体がミスになるということはない、というわけですね。


故にもうすでに書きましたがこの概念から逆に


「相手の選択肢を増やすことはミスになりうる」


ということにもなります。しかし自分が絶対にミスをしないとするならどうなるでしょう?その場合は相手の選択肢を増やすことによって相手がミスする可能性を高めることができるので期待値を上げることができます。まあ絶対にミスをしないということはありえないので実際は自分よりも相手の方がミスをするという条件になりますかね。


つまり、世間に知られているロングボールとスモールボールという戦略ですが、相手の選択肢を減らすことによって自分のミスを減らすことで期待値を上げるのがロングボール、相手の選択肢を増やすことによって自分よりも相手のミスを増やすことで期待値を上げるのがスモールボールということです。

スモールボールが上級テクニックに属するというのは当然ですね。自分が相手よりもミスをしないというのが前提ですから。


ちなみにショートスタックで入ってプリフロップでオールインすることが最も相手の選択肢を減らすことができますよね。そしてディープスタックになればなるほど選択の余地が増えていくことになります。

よってロングボールとは自分のスタックをショートスタック化、またスモールボールはディープスタック化することと言っても間違いではないはずです。ロングボールはポットを大きくするようにしてオールインまでの距離を短く、スモールボールはポットを小さくすることによってオールインまでの距離を長くするわけです。


さらに言い換えれば、ロングボールはポーカーというゲームを単純化、スモールボールは複雑化させる戦略であるとも言えるでしょう。ゲームを単純化することによって実力差を小さく、複雑化することによって実力差を大きくさせることができます。


注:相手の選択肢を減らすことはミスとはならないと言っても、例えば「QQでプリフロいきなり100BBオールインする」ことが間違いにならないというわけではありません。たとえいくら選択する回数を減らしたとしても最初の選択が間違ってしまっては元も子もありません。勘違いしてしまう人がいるかもしれませんので念のため。

関連記事

この記事に対するコメント


お久しぶりです。調子はどうですか?
ポーカー本、つぎつぎ発売されてますよw

このロングボールとスモールボールは、リングゲームにおいては前提条件(レート・卓の人数・レーキ)で向き不向きがあるような気がするのですがどうでしょうか? マイクロでスモールボールは無理的な話はよく聞きます。
【2010/10/11 22:16】 URL | Reed.rr #- [ 編集]


フムフム・・・。もの凄いわかりやすいせつめいだね。勉強になるよ。(ちょっとだけ・・・)やっぱりマイケルや職人君などは根本的に違うよなぁ^0^v 週末、たまには来なよん。
【2010/10/12 05:22】 URL | ちょめ #- [ 編集]


1つ書くのを忘れてたので追記しておきました。


>Reed.rrさん
お久しぶりです。ポーカーの調子はまあぼちぼちですw
仰っしゃる通りマイクロレートではスモールボールはあまり向きません。理由はレーキがキャップまで達しなくレーキの割合が大きくなってしまうからです。0.05/0.1で100BBオールインになった場合は20ドルポットなので1ドル取られるわけですが、これを5/10に置き換えた場合、100BBオールインに勝つ毎に100ドルのレーキを取られるのと同じことになります。これはちょっとルースに打つ気にはなりませんよねw というわけで、このレーキの壁を乗り越えられなければルースに打つ価値は全くありません。5/10ではオールインになり100ドルレーキとして取られるところを実際はキャップの3ドルしか取られないわけですので、これならほとんど無視できるレベルと言ってもいいでしょう。この辺りまで来てやっとルースに打つ価値が出てくるわけですね。
ちなみにトーナメントはポットレーキがないのでスモールボールの使用は可能です。

>ちょめさん
ありがとうございますw
暇なときにでもまたお邪魔させていただきますね。
【2010/10/13 01:45】 URL | マイケル #- [ 編集]


わかりやすい解説ありがとうございます。そして、マイクロレートでのレーキ率ひでぇw 上のレートでそのレーキ率とったらみんな銃を突き付けそうですw

自分はロングボール戦術でのベット額の調整が苦手というかよくわからないのですが、指針となるようなものはあるのでしょうか? 基本はオッズだとは思いますが。
【2010/10/13 18:20】 URL | Reed.rr #- [ 編集]


>Reed.rrさん
ロングボールというのはハンドが入った時にスロープレーをしないでしっかりベットする戦略です。スローしてしまうとオールインからの距離が長くなってしまいますからね。ベット額は通常通りでいいですが、タイトになればなるほど(ブラフの頻度が下がるほど)大きめに打った方がいいですね。ブラフしないのに小さく打っていたらインプライドオッズを与えてしまうだけですから。
【2010/10/15 00:01】 URL | マイケル #- [ 編集]


本質的な質問ではないですが。
スモールボールの反対はビッグボールではないんですかね。

検索するとbig ballとあったりlong ballとあったりするので、どちらでもいいかもしれませんが、スモール⇔ロングというのに違和感がありまして。
【2010/11/18 00:18】 URL | #- [ 編集]


スモールボールとロングボールはもともと野球用語です。ロングボールを日本語に訳すと長打やホームランといった意味になります。これらの用語をハリントンが本でポーカーの戦略を説明する際に用いたことから広まったらしいです。
ちなみに日本ではその野球の戦略のことをロングボールではなくてビッグボールと言うみたいですね(詳しくは知りませんが)。日本人にはそっちの方がしっくり来るのでしょう。
【2010/11/19 16:28】 URL | マイケル #- [ 編集]


なるほど、そういうことでしたか。
勉強になりました<(_ _*)>
【2010/11/20 00:21】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://pokerbymj.blog74.fc2.com/tb.php/196-3607ab5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。