The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカオ[APT編] その10

これで5人になりました。ファイナルバブル時でかつスタックも増えたのでアグレッシブに行きたいものです。

ブラインド4000/8000、アンティ1000。SBの僕までフォールドで回って来てハンドを見ると24d。普通なら全然フォールドしていいハンドですが、チップリがうざいせいでなかなか参加するチャンスがないのでここで参加することにしました。メイク20KにレイズするとBBがコールしました。BBのスタックは150K前後です。


フロップ

Ad Kd 7c  ポット45K


フラッシュドローになりました。ここでどのようなアクションを取るかはいくつか選択肢があります。

BBのプレイヤーですが、こいつはかなりウィークなプレイヤーでした。ウィークプレイヤーにもいろんなタイプがいますが、このBBは普通よりも降りすぎちゃうタイプです。これを踏まえた上で以下のようなシナリオでアクションを取ることにしました。


まずベットするかチェックするか、ベットするならどれくらいベットするかですが、ここではスモールサイズのコンティニュエーションベットを打つことにしました。そして相手が


1. コールしてきた場合

この場合はほぼターンも打つ予定です。相手のハンドはAまたはKヒット。小さく打つので7ヒットや88あたりもコールするかもしれません。もちろんドローもあります。K以下のペアとドローはターンで打てばほぼ降ろすことができます。他のプレイヤーは知りませんが、こいつはほぼ間違いなく降ります。確信があります。Aヒットの場合は多分コールでしょう。ターンでコールされた場合はリバーでAが落ちない限りオールイン要求をします。ターンをコールした場合は相手はAヒットの可能性が高いのでAが落ちた場合はギブアップします。Aが落ちたことによってもしターンを頑張ってKヒットでコールしていた場合も比較的コールしやすくなってしまっていますからね。Aが落ちなく、相手がAの1ペア以上の役を作っていない場合はリバーでプッシュすればほぼ降ろせる自信がありました(ファイナルバブルであることも含めて)。2ペアを作られてしまった場合は知りません。


2. レイズしてきた場合

レイズ額が大きすぎない限りリレイズオールインをします。相手のレイズレンジは限定できませんが、もしAの1ペアでレイズしてきた場合なら、それは彼にとっては確認レイズである可能性が高いので多分降ろせます。多分w (上手いプレイヤーがAヒットでレイズした場合の多くはバリューベットを意味します) 2ペア以上ならコールされちゃいますが、まだこちらにもドローがあるので引けば問題ありません(`・ω・´) 一番最悪なのは上のフラッシュドローにコールされちゃうことですが、まあ仕方ありませんね。もしかしたら降りてくれるかもしれませんし。


3. フォールドしてくれた場合

全然OK。


フロップでCBの額を普通のサイズではなくスモールサイズにした理由は、コールされた場合はリバーでプッシュした時、レイズされた場合はリレイズした時に相手にまだ降りれるだけの余裕を残すためです。大きめに打ってしまうとターンでオールイン要求をしなければいけなかったり、相手のレイズがオールインになってしまったりしますからね。


※ ここでのシナリオは全てのプレイヤーに当てはまることではありませんのでご注意ください。読んでいてわかると思いますが、僕はこのプレイヤーを激しく見下していますw Aの1ペアを持っていてリバーまで打ち切られた場合はただでさえマージナルな状況なのに、こいつがコールできるはずがありません。



で実際は、、、



フロップ

Ad Kd 7c  ポット45K



45Kのポットに15Kベットしました。BBはそれにコール。



ターン

Ad Kd 7c 5s  ポット75K


いいカードですね。ラグっぽくてかつガットショットもつきました。予定通りターンもベットします。額はフロップよりも少し強めに、そしてかつ相手がコミットしないように・・・38Kベット。


外野から「彼はAKを持っている」みたいな声が聞こえてきました。ちょっと嬉しいですねw


BBは少し考えた後にフォールドしました。そこまで長考しなかったことと、コールできなかったところを見るとKヒットかそこらだったようです。

このようなスモールベットはアベレージスタックがあまり大きくない時に有効です。少しのチップで大きなプレッシャーを与えることができます。逆にファイナル直前でも周りがディープな場合はこういうプレーは多様しません。またブラフをあまりしない場合はこのようなプレーはしてはダメですね。持っている時にあまり稼げなく、かつインプライドオッズも与えてしまいますからね。

このような感じで増やしていきたいものですが・・・




つづく・・・

関連記事

この記事に対するコメント


高度なプレーですね。スタック比が大きく関係するトーナメント独特のプレーと思えます。
このプレーが上手くいったと言うことは、マイケルさんのイメージはセミタイトアグレくらいだったのかな?

自分はスタック比でのプレー変化が苦手なので、このプレーはとても参考になりました。
ただ、3分の1ベットって、弱気ベットか罠かの二択ですから、相手(と自分)によって使いこなさないとレイズされて終わりそうです。当然マルチウェイでも使いにくそうですし。

しかし、外野の「彼はAKだ」はブラフ臭い気がしますw

そういえば、グリーンブックが日本で発売されますから、ポーカー本出版チャンス! でたら買いますよ……2500円以内なら
【2010/05/15 16:58】 URL | Reed.rr #- [ 編集]


>Reed.rrさん
確かにこういうプレーは高度な部類に入りますね。ターン以降のプレーがしっかりできないと激しく負けてしまいます。

グリーンブックは話題になってるらしいですね。日本のレベルの底上げに期待したいです。
【2010/05/30 14:25】 URL | マイケル #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://pokerbymj.blog74.fc2.com/tb.php/187-28057177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。