The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LAにて

WPTメインはDAY2まではトップ10~20%のチップを維持していましたが、DAY3でミスってショートに。その後リスチールを主体にオールインしまくってなんとかチップ量を保っていましたが、インマネまであと2人のところで飛んでしましました。いわゆるバブルです(´;ω;`)

今思えば200万円以上の価値のあるじゃんけんに負けての飛び。相変わらず勝負弱いですw


その次の日、気を取り直してキャッシュゲームを打つことにしました。10/20を打とうとしましたが、コマースのウェイティングの表示は卓に入るバイイン額で表示されていて、600NLや2000NLなんてふうに書いてありました。その2000NLが10/20なのかなと思ってウェイティングに入れるとほどなくして名前を呼ばれ卓につきます。


すると・・・


そこは20/40でした('∀`;)

どうやらこの2000ってのはミニマムバイインのことみたいです。


しかも・・・


あのアントニオエスファンディアリ(マジシャン)がいるじゃありませんか!僕がちょうど席についた時に僕の右に移動してきました。トッププロとキャッシュゲームを打つ機会なんてなかなかないので記念にと思ってそのまま打つことにしました。

5000ドルバイインして1周後にBBでJJが入ります。UTGとSBがリンプ。このUTGは数ハンド前にAJノーヒットのただの2オーバーでフロップリレイズオールインしてたやつです。まあフィッシュぽいですね。レイズメイク240にするとUTGが「オーケー、レッツギャンブル」と言ってコールしました。SBはフォールド。


フロップ

Qh Ts 3s  ポット520ドル


どう見ても相手はブラファー系で打ってレイズされるのもうざいのでチェックコール予定でチェックすると案の定UTGは400ベット。予定通りコール。


ターン

Qh Ts 3s Qs  ポット1320ドル


チェックすると600ベット。まあコール。


リバー

Qh Ts 3s Qs Kd ポット2520ドル


チェックするとUTG2000ベット。しかしこのUTG、「レッツギャンブル」と言ってプリフロをコールしているのでほとんどの場合はスーコネ系なんですよね。なのでハイカードはあまり関係なく、フラッシュが入ってるかどうか。まあそんなの降りないです。たまにKXsやQXsもあるかもしれませんが、可能性は低いので仮にそうだったとしても別にOK。コールするとしっかり4s6sのフラッシュをショウしてくれました。

いきなり3000ドル以上の負け。かなり萎える展開ですw まあでも3000ドルアドオンして続行です。



するとアントニオが「モアアクション!」とか言ってBBがアンティ100ドルを払う形式を要求しました。みんな承知して、僕もまあいいやとOKしました。

20/40のBBのみアンティ100。そこそこいかついゲームのスタートですw


アーリーでAQo。レートが上がったばかりなのでスタンダードレイズの額がわかりません。20/40の時はライブでは珍しく3BBの120でした。プリフロップのポットに対するレイズ額というのは参加率と反比例させるのが良くて、もしそのまま120にレイズするのならアンティがある分ルースに打たなければなりません。周りのプレイヤーがウィークな場合は参加率を上げることはマストではありませんが、この卓ではそうしなければならないと感じました。さすがにこんなレートでルースに打つ気分にはなれないのでレイズ額を上げることにしました。まあ端数を出すのも面倒なのでレイズメイク200に。SBのみコール。


フロップ

3s 2d 2c  ポット540ドル



SBチェックに300ベットでSBフォールド。


OKOK。


こんな感じに小さいポットをいくつか取った後にミドルで33が入ります。同じように200にレイズするとSBがコールしました。


フロップ

As 7h 4d  ポット540ドル



SBチェックに300ベット、SBコール。


ターン

As 7h 4d 9s  ポット1140ドル


SBチェック。僕もチェック。


リバー

As 7h 4d 9s Ah  ポット1140ドル


SBが900ベット。


うーん、うざいですね。フロップがレインボーなのでフラドロがありません。なので普通ならフォールドがベターくさく、まあ降りるかと思っていたらあることを思い出しました。僕のフロップベットに対してSBが「お前あといくら持っているんだ?」と聞いて僕のスタックを見てからコールしたんです。つまりストドロでコールするのにオッズが合うかどうか確認したわけですね。Aヒットなら普通はまずこんなこと聞きません。なので相当高い確率でストドロだと核心しました。あとは9がヒットしているストドロがないか一応確認して・・・アイコール。


SB「アイハブナッシング」



アイノー(`・ω・´)


これでとりあえず2000ドル負けまで回復しました。


しかしこのレート、1万ドルくらいはイージーで負けられるんですよね。さすがにちょっとレートが高いのでその後計4、5時間打ったあたりで止めました。結局2000ドル負けで終了。まあ記念だったということでこのくらいはOKとしましょうw


これからの予定ですが、来週のはじめにベガスに行きます。次の更新はそっちに着いてからになると思います。

ではでは。

関連記事

この記事に対するコメント


このあたりは、日本の親切さを感じる一幕ですね。しかし、マジシャンとあたるとはw でも、マジシャンは安定して勝つってイメージではないですね。ハイステークスポーカーのイメージですけど。どんな感じだったのでしょう?
【2010/03/06 10:06】 URL | Reed.rr #- [ 編集]


質問があります。
6人卓キャッシュゲームで、Tight Aggressiveプレイヤー(TAG)とLoose Aggressiveプレイヤー(LAG)が3人ずついます。TAGとLAGは交互に座っています。
TAGプレイヤーの勝った額の平均と、LAGプレイヤーの勝った額の平均では、一般的にどちらが大きいと予想されるのでしょうか?プレイヤーは全員プロレベルと仮定します。
【2010/03/07 18:42】 URL | #- [ 編集]


>Reed.rrさん
>このあたりは、日本の親切さを感じる一幕ですね。
これは2000NLと表記してたことですかね??まあ他のカジノはステークスで表記しているところが多いと思うのでコマースが少し特殊なだけですかね。

マジシャンは普通に強いですよ。地味にいいプレーをするのであまり目立ちませんが、マジシャンが好きって言える人はセンスあるってある人も言っていました。コマースで打っていた時はさすがに彼にとってはシリアスに打てるレートではないでしょうし、結構適当だった気もしますね。


>名無しさん
これは実力に依存すると思います。仮に全員の実力が同じだとして、その実力があるラインでTAGとLAGの収支が同じになります。そのラインよりも実力が高くなればLAG側が、そのラインよりも低くなればTAG側が勝ちます。そしてそのラインというのはかなり高い位置にあると思いますね。
【2010/03/07 22:32】 URL | マイケル #- [ 編集]


質問に答えて頂きありがとうございます。私はキャッシュゲームで打っているのですが、最近どうもLAGに勝てません。なので私もLAGに転向しようかと悩んでいますが、LAGを使いこなせる自信がありませんし、相手のLAGが強くて負けているのか自分のTAGが弱くて負けているのかわからない状況です。しかし私はプロレベルまで強くなりたいと思っています。やはり上を目指すなら今のうちからLAGの練習をした方がいいのでしょうか?ちなみに今はエベレストの1NL一面打ちでタイトに打ってそこそこ勝てているレベルです。
【2010/03/08 02:12】 URL | #- [ 編集]


こんにちは。
こちらのブログで勉強させていただいてる者です。

最近はBBがアンティってのが流行ってますね。
10-20にBBがアンティ60というをよく見かけるので、そのゲームでの最適戦略について半年ほど前から考えてるのですが、いまいち答えが見つかりません。
ボタンで全員フォールドで回ってきたときにレイズする率は、通常よりも増やすべきかどうか?また、レイズ額は通常より増やすべきか?
そのへんについてどうお考えか知りたいです。
それ以外にも、何かアイデアがあれば・・・
もしよろしければ帰国して暇なときにでもご回答ください。

それでは、ラスベガスではがんばって下さい!
【2010/03/08 22:33】 URL | 初心者 #SXlq22JY [ 編集]


コメント遅くなってすみません。やっと生活が落ち着きました。

>名無しさん
>やはり上を目指すなら今のうちからLAGの練習をした方がいいのでしょうか?

いや、そういうことはないと思います。基本ができないと応用もできません。なのでLAGを目指すのならしっかりTAGを極めることが重要です。個人的な意見としては4NLでしっかり勝てるようになるまではTAGで打ち続けるのが良いと思います。


>初心者さん
BBがアンティを払う形式というのは全員が払うのと形式が違うだけでゲーム性は変わりません。例えば6人卓10/20のBBがアンティ60と全員がアンティ10というのとは全く同じようにプレーできます(アンティがスタックに対して大きい場合は例外)。1度に一気に減るか、じわじわ減るかの違いだけですね。多分全員が毎回払うのが面倒だからこのような形式が流行ったんでしょうね。
そしてアンティがある場合のストラテジーですが、アンティがある分普通よりもポットを取りに行く価値が上がります。ここでポットを取りに行くプランとしては大きく2つあります。1つはプリフロップのレイズ額を上げて1回のポットを取れる確率を上げること。今回僕が取ったプランですね。もう1つはポットを取りに行く回数を増やす、つまり参加率を上げるプランです。ここまで書いて賢い人は気づいたかもしれませんが、今回の記事でも書いた通り、ポットに対するレイズ額と参加率は反比例させるのが良いということになります。

具体的どのように調整すればいいかをここで書くとかなり長くなってしまうので割愛しますが、今回の僕の場合(20/40、BBのみアンティ100)で改めて計算したら、320にまでレイズしてやっと「アンティなし120にレイズ」と同じ参加率でプレーしてOKということみたいです。メイク200ならもっとルースに参加した方が良かったでね。
そしてこれもブログ内で少し書きましたが、ここで書いた数字というのは周りのプレイヤーが正しいプレーをしてきた場合のことで、周りが正しくないプレーをするのならそこを攻めることもできます。例えばこちらがレイズ額を下げてもブラインドのプロテクト率が変わらないというのならできるだけレイズ額を下げた方が得ということになります。まあウィークプレイヤーに対してのエッジの取り方というのは色々ありますので、自分の得意なやり方でエッジを取りに行くのが良いと思います。
【2010/03/12 10:40】 URL | マイケル #- [ 編集]


マイケルさん
ご回答ありがとうございました。

”レイズ額を増加させて、アンティなしと同じ参加率でプレー”
ですね!!
レイズ額を上げずに参加率を上げる方のプランは、相手の信用を失ってリレイズが頻繁に来そうですし、複雑なゲームになりそうなので、前者の方が無難ですね。

320になったという計算がよく分からなかったですが、だいたいの感覚はつかめました。
大変勉強になりました。
【2010/03/13 00:43】 URL | 初心者 #.xMUio8I [ 編集]


マイケルさん返答ありがとうございます。
今の自分は「俺のTAGは最強だ!!」という気持ちでいっぱいで、相手がプロのLAGプレイヤーじゃない限り負ける気がしません。4NL目標にがんばります。
【2010/03/13 01:22】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://pokerbymj.blog74.fc2.com/tb.php/185-d3229ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。