The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーカー戦略[中級者編] その3

常識3 オリジナルレイザーのフロップチェックにTP以上のハンドまたはドローなし(主に3人以下のポットでパッシブプレイヤーは除く)

スロープレーというものがありますので一概には言えませんが、結構多くの場合が当てはまります。特にドローあるなしの判断にはかなり使えます。ここで言うドローというのはオープンエンドストレートドロー以上のドローです。ザキさんも同じようなことを書いてましたね。しかし4人以上のポットだとベットする基準が上がりますし、またパッシブプレイヤーはドローでベットしなかったりスロー好きだったりもするので条件から外します(4人ポットでもそこそこ使えますが)。そしてこの常識を少し応用すると次のようなことも言えます。



常識3´ オリジナルレイザーに対してインポジションのプレイヤーのフロップチェックにTP以上のハンドまたはドローなし(条件は同じ)

オリジナルレイザーがチェックしたのでオリジナルレイザーは上の常識によりナッシングの可能性が高いと言えます。なのでドローがあればセミブラフチャンスですし、TP以上のハンドがあればまあ普通は打ちますよね。普通じゃないのは知りません。


これらの常識を利用してブラフしたり、ブラフにコールしたりすることができます。


例1

UTGからレイズ、ミドルとボタンがコール。フロップでUTGとミドルがチェック。これはボタンからするとブラフチャンスです。オリジナルレイザーのチェックに対し、ミドルもチェックしているので両者ともナッシングの可能性がそこそこ高いです。もちろん打ってもセカンドペア等でコールされる可能性もありますが、自分もナッシングなら打つ価値はあります。



例2

ミドルからレイズ、ボタンとBBがコール。フロップでBBとミドルがチェック。この場合はボタンにとってはブラフしやすい状況とは言えません。オリジナルレイザーは持っていない可能性は高めですが、BBは常識1により機械的にチェックした可能性もあるので強いハンドを持っている可能性が十分にあります。要するにヘッズアップで相手のチェックに打つかどうか?って感じですね。ここでボタンはチェックしました。ターンラグ。次にBBの視点から見るとここはブラフチャンスとなります。ターンはラグで状況は変わっていないはずなので(わかりにくいところを引いている可能性もありますが)、オリジナルレイザーとオリジナルレイザーに対してインポジションのプレイヤーがチェックしているので両者ともナッシングの可能性が高めだからですね。



例3 実際にあったハンド

カットオフまで全員フォールドでカットオフが2BBにレイズ、僕がBBでAThでコール。


フロップ

Ad 9d 9h  ポット4.5BB


チェックチェック。


ターン

Ad 9d 9h 4s  ポット4.5BB


僕が2.5BBベット、カットオフコール。


リバー

Ad 9d 9h 4s 7d  ポット9.5BB


3枚目のダイヤが落ちてしまいましたが、上に書いた常識によりカットオフはフラッシュドローを持っていた可能性は低いです。なので僕はブロックベットではなくスモールバリューベットとして3.5BB打ちました。するとカットオフは大きくレイズ、メイクで20BB。フラッシュはほぼないので、持たれている場合であるとしたらAAかA9、44のスロー、または77、97で引いたかのどれかです。ブラフだとすると小さく打たれたからレイズしちゃったって感じですかね。まあ僕はコールしました(バリューベットのつもりで打ったのでレイズにコールしてもアクションに矛盾は生じません)。相手KQoのブラフ。ちなみに相手に対して相当リスペクトがある場合はイージーフォールドになります。こんなストーリーのないブラフなんかしないですからね。



少し話が変わりますが、リーディングの方法の1つとして消去法が挙げられます。消去法で一番簡単なのが非常識なものを省いていく方法です。この方法だと消去していくとそこそこ多くの可能性が残るわけですが、別にそれでも構いません。そこまで詳しくリーディングする必要もないし、しなくても勝てます。相手のハンドを完璧にリーディングできることが偉いわけではありませんからね。もちろん高次元のレベルにおける戦いならそれなりに高いレベルのリーディングが必要となってくるかもしれませんが、とりあえず今の僕には関係のないことですw



ここまで常識を書いてきましたが、常識を理解していて、かつ相手もその常識を理解していることを知っているプレイヤーはあえて常識を外したプレーをすることもあります。しかしぶっちゃけこのようなプレーはローレートどころかミドルレート(2~10NL)でさえ必要ないと思っています(スロープレーはそこそこ使えますけど)。10NLならメンツ選べば良いかもしれませんけどね。



一応一通り書き終えたので次回からはマカオでのことを書きます。

質問も受付中。

関連記事

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/12 21:22】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/13 01:47】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://pokerbymj.blog74.fc2.com/tb.php/162-61ec4c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。