The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーカー戦略[初心者編] その8

4. vs ルースアグレッシブ

・ 参加率は30%以上。40%以上ならフィッシュと認定してOKです。

・ アグレ度は2以上。

・ フロップCB率は60%以上。


4.1 コーラー&ベッター

そのまんまでとにかくベットにはコールしまくって、チェックしたらベットしてくるタイプ。ポジションがない場合は先打ちで打ちまくってきます。特にエベだと操作性の悪さ(簡単にベットできる額がミニマムかポットしかない)のせいでポットベットを連発するタイプが多いです。他のサイトだとハーフポット連発したりなど色々なタイプがいますね。


対処法

・ リバーでチェック



AKoでレイズしたらルースアグレのフィッシュがコール。

フロップ

Ah 8h 4s

CBを打ったらフィッシュコール。

ターン

Ah 8h 4s Ts

打ったらまたもコール。

リバー

Ah 8h 4s Ts 7c


リバーでのアクションはとても重要になってきます。相手がAヒットの可能性が高いならバリューベットを打つべきでしょう。しかしこの場合はチェックした方が得の場合が多いです。相手はコーラー系のフィッシュですのでヒットしてたり何かしらドローがあればほどんど降りません。インサイドストレートドローですらターンコールしてきたりしますからね。なのでバリューベットにコールできるようなハンドを持っている可能性よりもセカンドペア以下やミスドローのナッシングの可能性の方が高い場合が多いです。相手がナッシングの可能性が高いならチェックしてブラフをもらう方がお得ですよね。相手はチェックしたらベットしてくるタイプなので特にそうです。

また逆に言うと何を持っているかわからないということなので、もしかしたらリバーで何かしら引いているかもしれません。56ならスト完成、78でも2ペアです。もしバリューベットを打ってミニマムレイズが帰ってきたら降りれるでしょうか?負けてるとわかっていながらコールしてしまう人も多いんじゃないでしょうか。リバーチェックというのはそれを未然に防ぐという意味もあります。

それと少し勘違いしている人もいるのですが、別に引かれてもいいんですよ。この場合56でターンコールしてきたとしたらリバーでインサイドを引いたことになるわけですが、チェックに対してポットベットされてもちょっと降りれないですよね。しかしこれと「インサイドのインプライドは異常」というのはちょっと違います。引かれたことが分かりにくくフラドロ等よりはインプライドが高いのは確かですが、例えばターンの時点で100ドルポットに対して70ドルベットに56でコールしてきたとしましょう。この場合のポットオッズは2.4であり、4アウツ引きにいくためのオッズは10.5なので8.1足りないことになります。なので足りない分の567ドル(8.1×70ドル)をリバーで稼がないといけません。でリバーポットベットだと240ドルなので全然足りませんよね。よってリバーのポットベットにコールしたとしても相手はターンでオッズに合わないコールをしたということになるのでこちらのミスプレーとはなりません。

こういうプレイヤーに対して重要なのは引かれた時にインプライドを与えないことと、相手が引けなかった時にどれだけ稼ぐことができるか?です。まあ相手がルースアグレッシブの場合に限らず、相手がドローを持ってる時全般に言えますけどね。リバーのチェックはルースアグレ系のフィッシュに対しこの両方の点において有効なアクションとなります。

ただし自分のハンドがナッツに近い場合ならインプライドを与えないということに注意する必要がなくなるのでリバーでチェックする必要性が薄れます。なのでこの場合はベットするかチェックするかは難しい判断となります。


・ ドローになった場合は自ら打っていく

ブラインドでレイズにコールしてドローになった場合などはチェックしてもどうせポットベットされるので、自らベットしてポットを小さくしていきます。小さくすると言ってもベットする額は普段通りです。ポットベットされるよりも小さい投資で引きにいけますからね。


・ CBを控える

コーラー相手に一番してはいけないのはブラフです。明らかにアウツがなさそうな時はCBを打たないで諦めるのが一番でしょう。


・ たまにスロー

相手のフィッシィー具合にもよるのですが、参加率が80%とかとにかくナッシングでも打ちまくるタイプに有効です。ただ基本的には相手はコーラーなのでフロップとターンは自分から打った方が得だと覚えておきましょう。



4.2 レイザー

このタイプはハンドを過信するタイプです。TP(トップペア)あればレイズしてオールインまで行くやつも多いです。とりあえずTPでレイズしているのを見たらこのタイプに属すると考えましょう。


対処法

基本的な対処方はコーラー&ベッターと同じですが、このタイプにフロップでレイズされたらオーバーペアはもちろん、TP+セカンドキッカーあたりまではオールインまで行ってもいいと考えましょう。もちろん負けてる場合もあるでしょうが、長期的に見れば勝ってる場合の方が多いです。自分のハンドが微妙な時は相手はフィッシュなのだからいつでも食べれると考えて無理しない方がいいですね。


注:ローレートには上手いルースアグレはいないという前提で話しています。ルースアグレのフィッシュ対策だと思ってください。

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://pokerbymj.blog74.fc2.com/tb.php/155-9574f2d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。