The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリューベットとブラフ

最近スターズで打つことが多いのですが、ポジションの重要性を再認識しました。相手が弱ければポジションがなくてもなんとかなるものですが、相手が強いとポジションがない状況というのは厳しい戦いを強いられてしまいますから。また今まで必要のなかったプレーも取り入れるようになりました。特に気を付けているのはブラフのストーリーです。適当に打ったブラフや主張できるハンドが少ないブラフなどはかなりコールされちゃいます。例えばオリジナルレイザーにおいてフロップでCBを打った後にターンやリバーでハイカードが落ちた時なんかは初歩中の初歩というようなブラフチャンスですが、それだけにそれをわかっているプレイヤーにはかなりコールされてしまいます。なので相手を降ろすにはその上を行く必要が出てくるわけです。

1つの方法を簡単に述べると、相手のコールレンジが広がっているわけですのでそのコールレンジよりも強いハンドでもバリューベットをする。すると弱いハンドでコールしにくくなるのでそしたらそのようなハンドでのバリューベット主張のブラフもする。という感じですかね。

それに対しコーラー側はオリジナルレイザーのバリューベットレンジが広くなったので弱いハンドでコールしにくくなりました。これに対しての対処法としては、相手のバリューベットレンジが広くなった、つまり弱いハンドでもバリューベットをしてきていることになるので相手のベットの回数が増えます。相手がベットする頻度が増えるわけですから、スロープレーが成功しやすくなります。そしてスロープレーを何回か成功させた後にスロープレーを装ったブラフもするわけです。

するとオリジナルレイザー側は打ちまくればいいというわけではなくなって・・・


このように戦略は常に進化していきます。うーん、ポーカーって難しいですね(´・ω・`)


そして僕の理論、というよりナッシュ均衡においても正しいと思いますが、ある状況においてバリューベットをするのならその状況下でブラフもしなければいけない。逆も同じである状況においてブラフをするならその状況下でバリューベットもしなければならない。これが片方に傾いてしまうと全体の期待値が下がってしまうことになります。極端な例を挙げると、例えば相手が100%ナッツでしかバリューベットしなくてそしてそのことを知っているのならベットされた時はナッツ以外なら降りますよね。そして相手がベットした時は100%ブラフというのならコールかまたはレイズします。ここまで極端じゃないにしても片方に偏ってしまうとそのベットの期待値を下げてしまうことになります。なのでベットする側はあらゆる状況において正しい頻度でバリューベットとブラフを行わなければならないということになります。そして相手側はそれに対して正しい頻度でコールとレイズ、フォールドを選択しなければなりません。

ただしナッシュ均衡という名が出た通り(意味がわからない人はぐぐってね)、相手が正しいプレー、もしくはそれに近いプレーをするというのが前提条件です。フィッシュ相手にかなり高い確率でコールされるとわかっていてブラフなんかしないですよね。またディープスタックゲームにおいてKKはプリフロップでオールインできないという話は良く聞きますが、逆にレベルの高い戦いにおいてはプリフロップで突っ込むハンドはAAだけというプレーは良くないということになります。それが400BB持ちだったとしてもある一定の頻度でブラフオールインをしなくてはなりません。


ちなみに話が戻りますが、主張できるハンドが少ない時はオーバーベットするといいですよ。主張できるハンドが少ないということは自分のハンドは相手から見てナッツクラスorナッシングということなので、そのような状況においてはオーバーベットをするのが正しいとなっています(とひゃっほうに書いてあった)。ただしこれもまたナッシュ均衡下での話です。


スポンサーサイト

プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。