The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングボールとスモールボール

ポーカーの概念の1つにこんなものがあります。


「相手の選択肢を減らすことはミスとはならない」


どういうことか説明しましょう。まず相手の選択肢を一番減らすアクションとは何でしょうか?簡単ですね。自らオールインすることです。すると相手はコールかまたはフォールドの2択しか選択することができません。しかしここでオールインではなく普通にベットした場合は相手にレイズという選択肢が増えてしまいます。レイズされてしまうと今度はこちら側がアクションを選択しなければならなくなります。選択する回数が増えるわけですから、1回の選択においてある一定の確率でミスをすると仮定すると当然全体ではミスをする確率が増えてしまいます。と言うことは、相手の選択肢を増やすことは自分がミスする可能性を高める、つまり相手の選択肢を増やすこと自体が自分のミスとなりうる、ということになります。よって逆に言えば相手の選択肢を減らすことは自分がミスをする可能性を減らすことになるわけですので、それ自体がミスになるということはない、というわけですね。


故にもうすでに書きましたがこの概念から逆に


「相手の選択肢を増やすことはミスになりうる」


ということにもなります。しかし自分が絶対にミスをしないとするならどうなるでしょう?その場合は相手の選択肢を増やすことによって相手がミスする可能性を高めることができるので期待値を上げることができます。まあ絶対にミスをしないということはありえないので実際は自分よりも相手の方がミスをするという条件になりますかね。


つまり、世間に知られているロングボールとスモールボールという戦略ですが、相手の選択肢を減らすことによって自分のミスを減らすことで期待値を上げるのがロングボール、相手の選択肢を増やすことによって自分よりも相手のミスを増やすことで期待値を上げるのがスモールボールということです。

スモールボールが上級テクニックに属するというのは当然ですね。自分が相手よりもミスをしないというのが前提ですから。


ちなみにショートスタックで入ってプリフロップでオールインすることが最も相手の選択肢を減らすことができますよね。そしてディープスタックになればなるほど選択の余地が増えていくことになります。

よってロングボールとは自分のスタックをショートスタック化、またスモールボールはディープスタック化することと言っても間違いではないはずです。ロングボールはポットを大きくするようにしてオールインまでの距離を短く、スモールボールはポットを小さくすることによってオールインまでの距離を長くするわけです。


さらに言い換えれば、ロングボールはポーカーというゲームを単純化、スモールボールは複雑化させる戦略であるとも言えるでしょう。ゲームを単純化することによって実力差を小さく、複雑化することによって実力差を大きくさせることができます。


注:相手の選択肢を減らすことはミスとはならないと言っても、例えば「QQでプリフロいきなり100BBオールインする」ことが間違いにならないというわけではありません。たとえいくら選択する回数を減らしたとしても最初の選択が間違ってしまっては元も子もありません。勘違いしてしまう人がいるかもしれませんので念のため。


スポンサーサイト

マカオ

マカオに行ってきました。1ヶ月前にw

今回はレッドドラゴンに参加し、キャッシュゲームは100/200(HKD)を打ってきました。

レッドドラゴンの方は7ラウンドくらいであっさり飛び。にししてもレッドドラゴンは今回初めて参加したのですが、日本人多かったですね。バイイン代10000HKDと決して安くはないのに。それだけポーカー人口が増えてきたってことですかね。嬉しい限りです。

キャッシュゲームの方は最近厳しくなってきたという話を聞いていたのですが全然ぬるかったです。トーナメント期間だったからかもしれませんけど。若いオンラインプレイヤーが少なかった気がしたのでそれもあるかもしれません。基本的にハイレートを打っている若いプレイヤーはポーカーで勝ったお金でその卓に座っている場合がほとんどなので、彼らは普通に勝ち組です。なので若いプレイヤーが多い=辛いテーブルというのが一般的な考えです。もちろん彼らのレベルもピンからキリです。年間数万ドル程度の稼ぎのやつもいれば数十万ドル以上稼ぐプレイヤーもいるでしょう。ベガスで打っていた時にバイイン額とプレイヤーレベルには相関関係があるように感じました(10/20(USD)はノーリミットバイイン)。まあ当然と言えば当然ですけど。僕でもBRが十分にあって卓上でベストプレイヤーだと感じたら全員をカバーするようにバイインしますしね。


ここからはベガスで10/20を打った時に感じたことと推測。


・2000~3000ドルでバイイン

オンラインでは1/2~2/4がメイン。ライブはオンラインに比べてぬるいので、普通はオンラインで打つよりも高いレートで打つ(打った方がよい)。BRギリギリで1/2を打っている場合は無理ですが、1/2でそこそこ稼げているのにも関わらずレートを上げないで1/2とどまっているプレイヤーも結構いるので、そういうプレイヤーはライブでは5/10や10/20を打つ(と思う)。強いと感じるプレイヤーはあまりいない。


・5000ドル前後でバイイン

オンラインでは2/4~5/10で主に打っている。こいつ強いなっと思ったプレイヤーは5000ドル以上でバイインしていることが多い。


・10000ドル以上でバイイン

オンラインでは5/10~25/50もしくはそれ以上でプレー。25/50が立てば大体そっちに移動する。ディープスタックなのを生かしてルースアグレッシブにプレーするやつが多い。正直僕は彼らのようにプレーできないし、彼らには勝てないと思う。しかしたまーにヘンテコなやつも混じっている。


※ベガスの10/20、そしてオンラインプレイヤーであろうプレイヤーのみが対象。BRが足りない、現金を持っていない、見栄を張っているだけ等の場合ももちろんあるので例外もあり。世界中から集まってくるWSOP期間中に上のような傾向が比較的強く現れると思う。普段はライブ中心のプレイヤーが多いのであまり参考にならない・・・と思う。



プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。