The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LAにて

WPTメインはDAY2まではトップ10~20%のチップを維持していましたが、DAY3でミスってショートに。その後リスチールを主体にオールインしまくってなんとかチップ量を保っていましたが、インマネまであと2人のところで飛んでしましました。いわゆるバブルです(´;ω;`)

今思えば200万円以上の価値のあるじゃんけんに負けての飛び。相変わらず勝負弱いですw


その次の日、気を取り直してキャッシュゲームを打つことにしました。10/20を打とうとしましたが、コマースのウェイティングの表示は卓に入るバイイン額で表示されていて、600NLや2000NLなんてふうに書いてありました。その2000NLが10/20なのかなと思ってウェイティングに入れるとほどなくして名前を呼ばれ卓につきます。


すると・・・


そこは20/40でした('∀`;)

どうやらこの2000ってのはミニマムバイインのことみたいです。


しかも・・・


あのアントニオエスファンディアリ(マジシャン)がいるじゃありませんか!僕がちょうど席についた時に僕の右に移動してきました。トッププロとキャッシュゲームを打つ機会なんてなかなかないので記念にと思ってそのまま打つことにしました。

5000ドルバイインして1周後にBBでJJが入ります。UTGとSBがリンプ。このUTGは数ハンド前にAJノーヒットのただの2オーバーでフロップリレイズオールインしてたやつです。まあフィッシュぽいですね。レイズメイク240にするとUTGが「オーケー、レッツギャンブル」と言ってコールしました。SBはフォールド。


フロップ

Qh Ts 3s  ポット520ドル


どう見ても相手はブラファー系で打ってレイズされるのもうざいのでチェックコール予定でチェックすると案の定UTGは400ベット。予定通りコール。


ターン

Qh Ts 3s Qs  ポット1320ドル


チェックすると600ベット。まあコール。


リバー

Qh Ts 3s Qs Kd ポット2520ドル


チェックするとUTG2000ベット。しかしこのUTG、「レッツギャンブル」と言ってプリフロをコールしているのでほとんどの場合はスーコネ系なんですよね。なのでハイカードはあまり関係なく、フラッシュが入ってるかどうか。まあそんなの降りないです。たまにKXsやQXsもあるかもしれませんが、可能性は低いので仮にそうだったとしても別にOK。コールするとしっかり4s6sのフラッシュをショウしてくれました。

いきなり3000ドル以上の負け。かなり萎える展開ですw まあでも3000ドルアドオンして続行です。



するとアントニオが「モアアクション!」とか言ってBBがアンティ100ドルを払う形式を要求しました。みんな承知して、僕もまあいいやとOKしました。

20/40のBBのみアンティ100。そこそこいかついゲームのスタートですw


アーリーでAQo。レートが上がったばかりなのでスタンダードレイズの額がわかりません。20/40の時はライブでは珍しく3BBの120でした。プリフロップのポットに対するレイズ額というのは参加率と反比例させるのが良くて、もしそのまま120にレイズするのならアンティがある分ルースに打たなければなりません。周りのプレイヤーがウィークな場合は参加率を上げることはマストではありませんが、この卓ではそうしなければならないと感じました。さすがにこんなレートでルースに打つ気分にはなれないのでレイズ額を上げることにしました。まあ端数を出すのも面倒なのでレイズメイク200に。SBのみコール。


フロップ

3s 2d 2c  ポット540ドル



SBチェックに300ベットでSBフォールド。


OKOK。


こんな感じに小さいポットをいくつか取った後にミドルで33が入ります。同じように200にレイズするとSBがコールしました。


フロップ

As 7h 4d  ポット540ドル



SBチェックに300ベット、SBコール。


ターン

As 7h 4d 9s  ポット1140ドル


SBチェック。僕もチェック。


リバー

As 7h 4d 9s Ah  ポット1140ドル


SBが900ベット。


うーん、うざいですね。フロップがレインボーなのでフラドロがありません。なので普通ならフォールドがベターくさく、まあ降りるかと思っていたらあることを思い出しました。僕のフロップベットに対してSBが「お前あといくら持っているんだ?」と聞いて僕のスタックを見てからコールしたんです。つまりストドロでコールするのにオッズが合うかどうか確認したわけですね。Aヒットなら普通はまずこんなこと聞きません。なので相当高い確率でストドロだと核心しました。あとは9がヒットしているストドロがないか一応確認して・・・アイコール。


SB「アイハブナッシング」



アイノー(`・ω・´)


これでとりあえず2000ドル負けまで回復しました。


しかしこのレート、1万ドルくらいはイージーで負けられるんですよね。さすがにちょっとレートが高いのでその後計4、5時間打ったあたりで止めました。結局2000ドル負けで終了。まあ記念だったということでこのくらいはOKとしましょうw


これからの予定ですが、来週のはじめにベガスに行きます。次の更新はそっちに着いてからになると思います。

ではでは。


スポンサーサイト

プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。