The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーカー戦略[中級者編] その1

気が変わりました。まずは3、4回分中級者編を書いてからマカオに関して書きます。

中級者編以降は初心者の方は対象にしておらず少し難しい内容になってしまうかもしれませんが、その件に関してはご了承下さい。しかしここ3、4回分は初心者の方も知っておく必要がある内容です。

中級者編ではまず最初にあまり知られていないポーカーの常識を書いていきます。打てるプレイヤーの中では常識なのですが、そうでないプレイヤーはこの常識を知らない為にどうしてそう考えちゃうの?というリーディングやよく意味がわからないプレーをしてしまいます。この常識を知ることによりリーディング能力や自分のプレーがかなり改善されるはずです。


常識1 前のラウンドで最後にベットorレイズしたプレイヤーまでチェック(ラグの場合)

このプレーはベットやチェックの概念に基づいているわけですが、その概念を理解していないプレイヤーはこのプレーの意味を理解できません。なので相手がこういうプレーをした場合、ただの弱みだと思ってしまうわけです。


このプレーの概念

これは前のラウンドでポジションがない状況でベットorレイズにジャストコールし、次のラウンドでアクションが回ってきた時の状況です。コールというアクションはベットが起きてない場合のチェックに置き換えられます。相手のベットorレイズにコールしたということは初心者編その3より

1. 自分のハンドがマージナル、つまりベストハンドの可能性がそれほど高くない
2. レイズする理由がない
3. 罠にはめる


からコールにとどめたわけですよね。次のラウンドでラグのカードが落ちました。ラグということは状況に変わりはありません。ここではチェックするのが常識のプレーとなります。なぜなら状況が変わっていないからです。場合分けしてみましょう。


「1の理由でコールした場合」

落ちたカードはラグなので、前のラウンドで自分のハンドがマージナルだと思ったのなら今現在もマージナルなはずです。マージナルだと思ってコールしたのなら、ここでもマージナルだと思ってチェックすべきですよね。


「2の理由でコールした場合」

同じく前のラウンドでレイズする理由がないのだから、状況が変わっていない今現在もベットする理由がないはずです。


「3の理由でコールした場合」

これに関しては少し微妙なのですが、基本的には前のラウンドでスローをしたのならその次のラウンドも罠にはめる為にチェックした方がいいですよね。


よって相手がベットやレイズにコールした後に次のラウンドでチェックしたとしても、それは弱みでもなんでもありません。彼らは機械的にチェックしているのです。またプリフロップでブラインドでレイズにコールし、フロップに何が出ようがチェックするプレイヤーもいますが、これは基本的には上の考えと同様のプレーです。ただし明らかにプリフロップとフロップとでは状況は変わってますけどね。なのである規則に従って先打ちするのも悪くありません。

少しトリッキーなプレーでフロップをチェックコールした後ターンで先打ちするというプレーもあります。このプレーをする時はそれなりの意図を持ってするべきで何も考えずにやるのはただのフィッシュプレーです。詳しくはシマダさんのブログのJohnny Chanプレーを参照。

この先打ちですが、英語では「donk bet」と言います。意図なく先打ちするのはその名の通りバカがするベットとなります。フロップでヒットした時だけ先打ちとか最悪ですね。

また3スート目が落ちたなど状況が変わった場合は話が違ってきます。引いたのなら先打ちするのもいいし、場合によってはスローでチェックするのもいいでしょう。


ちなみにこれが初心者編その4で書いた「不自然なプレーは止めよう」のところの答えです。フロップでレイズにコールしてまたターンで先打ちとか意味わからなすぎるし、されるとめっちゃイラっときますねw



コメント欄にて質問も受け付中。




スポンサーサイト

帰国

昨日マカオから帰ってきました。

そこそこ長くいたわけですが、普通に楽しかったです。

今日からはオンライン打ちまくりますw


マカオでのことに関しては、印象に残ったハンドでも軽く書こうかなと思っています。

戦略の続きはその後で。

にしてもめっちゃ疲れましたねw


いざマカオへ!

明日から2週間ほどマカオ行ってきます。

もちろんメインはキャッシュゲームです。

ついでにAPTにも参加する予定です。


ん?なんでこんなお盆の時期から行くかって?

なんか日本12位の男がわがまま言ってきたんですよね。

まあ日本12位の仰っていることなので仕方ないです。

ではでは。


ポーカー戦略[初心者編] まとめ

初心者編で書きたかったことは大きく3つありました。

・ プレーに一貫性を持たせる

そのラウンドだけ見れば正しいプレーだったとしてもその前、または次のラウンドで予定されているアクションと関連付けると正しくなくなる場合があります。実際かなり難しい内容で、この内容を理解した=すでに初心者ではない、となるので初心者編で書いてしまったのは僕のミスですね。中級者編以降で更に言及していくつもりです。


・ ルースに打ったりスモールボールという戦略を使ったりするのは上級者になってから

これらのプレーはかなりの技術を要し、実践しかつそれで勝つにはかなり難しいです。フロップ以降のプレーが上手くないと小さく勝ち大きく負けるというパターンにはまり、普通に打つよりも余計に負けてしまいます。それを防ぐにはタイトに打ち、参加する時はプリフロップから大き目に打って相手を降ろす必要があります。


・ 引かれるのは仕方ない

繰り返しになりますが、どうも引かれること自体がトラウマみたいになっている人が多い気がします。「AAなんて嫌い」というのもそれですよね。特にくそハンドにまくられるのが我慢できない感じですかね。まあ気持ちはわかりますし、確かにオッズ無視でコールされて引かれるのはとてもうざいですが、実際僕らが勝てるのは彼らのおかげです。ただしインプライドを与えてしまうのは明らかにミスプレーとなります。



とりあえず初心者編で書こうと思ってた内容はこれで終わりになります。自分ならこうするという内容ですので参考程度にでもしてもらえたら幸いです。


ポーカー戦略[初心者編] その9

5 vs ルースパッシブ

・ 参加率は30%以上。40%以上ならフィッシュと認定してOK。

・ アグレ度は1前後。

・ フロップCB率は40%以下。


5.1 コーラー

コーラーです。ルースアグレッシブと違うところはブラフをほとんどしないところ。


対処法

・ ハンドが入ったらとにかく打ちまくる

相手はコーラーなのでブラフを控え目にしてハンドが入ったら自分からベットしていきます。ここまでは対ルースアグレと同じなのですが、違うのはリバー。相手はチェックしてもブラフをしてこないのでこちらがハンドを持っている時はチェックをする意味がないです。なので相当嫌なカードがリバーで落ちない限りベストハンドの可能性が高いなら打ちきります。


・ レイズには注意

コーラーのレイズはマジ手です。オーバーペアも捨てるくらいの気持ちで。



5.2 フォールド

弱いです。弱すぎますwルースに参加するくせにヒットしなければすぐに降りるタイプ。ブラフもしません。


対処法

・ とにかく打ちまくる

ベットすれば簡単に降りてくれるのでナッシングでも打ちまくりましょう。フロップコールされた場合にターンも頑張るかどうかは相手とターンのカード次第ですかね。フロップはコールしてもターンですぐ降りるなんてやつもいます。



ここ数回にわたってそれぞれのスタイルの対処法を書いてきましたが、全てのプレイヤーが忠実にこれらのタイプに属するわけではありません。この分類は大まかに分けただけですので、実際にはこれらのことを応用する必要が出てきます。例えばルースアグレッシブ相手にはリバーはチェック、パッシブならリバーも打つと書きましたが、相手はそこそこアグレッシブだけどチェックしたら必ず打つわけでもなく、それでいてコーラーというのならバリューベットを打つべきなのかチェックしてブラフをもらいにいくべきなのか判断に迷う場面も出てきます。最終的な目標は1人1人のプレイスタイルや癖を見極めて対処できるようになることですね。


ポーカー戦略[初心者編] その8

4. vs ルースアグレッシブ

・ 参加率は30%以上。40%以上ならフィッシュと認定してOKです。

・ アグレ度は2以上。

・ フロップCB率は60%以上。


4.1 コーラー&ベッター

そのまんまでとにかくベットにはコールしまくって、チェックしたらベットしてくるタイプ。ポジションがない場合は先打ちで打ちまくってきます。特にエベだと操作性の悪さ(簡単にベットできる額がミニマムかポットしかない)のせいでポットベットを連発するタイプが多いです。他のサイトだとハーフポット連発したりなど色々なタイプがいますね。


対処法

・ リバーでチェック



AKoでレイズしたらルースアグレのフィッシュがコール。

フロップ

Ah 8h 4s

CBを打ったらフィッシュコール。

ターン

Ah 8h 4s Ts

打ったらまたもコール。

リバー

Ah 8h 4s Ts 7c


リバーでのアクションはとても重要になってきます。相手がAヒットの可能性が高いならバリューベットを打つべきでしょう。しかしこの場合はチェックした方が得の場合が多いです。相手はコーラー系のフィッシュですのでヒットしてたり何かしらドローがあればほどんど降りません。インサイドストレートドローですらターンコールしてきたりしますからね。なのでバリューベットにコールできるようなハンドを持っている可能性よりもセカンドペア以下やミスドローのナッシングの可能性の方が高い場合が多いです。相手がナッシングの可能性が高いならチェックしてブラフをもらう方がお得ですよね。相手はチェックしたらベットしてくるタイプなので特にそうです。

また逆に言うと何を持っているかわからないということなので、もしかしたらリバーで何かしら引いているかもしれません。56ならスト完成、78でも2ペアです。もしバリューベットを打ってミニマムレイズが帰ってきたら降りれるでしょうか?負けてるとわかっていながらコールしてしまう人も多いんじゃないでしょうか。リバーチェックというのはそれを未然に防ぐという意味もあります。

それと少し勘違いしている人もいるのですが、別に引かれてもいいんですよ。この場合56でターンコールしてきたとしたらリバーでインサイドを引いたことになるわけですが、チェックに対してポットベットされてもちょっと降りれないですよね。しかしこれと「インサイドのインプライドは異常」というのはちょっと違います。引かれたことが分かりにくくフラドロ等よりはインプライドが高いのは確かですが、例えばターンの時点で100ドルポットに対して70ドルベットに56でコールしてきたとしましょう。この場合のポットオッズは2.4であり、4アウツ引きにいくためのオッズは10.5なので8.1足りないことになります。なので足りない分の567ドル(8.1×70ドル)をリバーで稼がないといけません。でリバーポットベットだと240ドルなので全然足りませんよね。よってリバーのポットベットにコールしたとしても相手はターンでオッズに合わないコールをしたということになるのでこちらのミスプレーとはなりません。

こういうプレイヤーに対して重要なのは引かれた時にインプライドを与えないことと、相手が引けなかった時にどれだけ稼ぐことができるか?です。まあ相手がルースアグレッシブの場合に限らず、相手がドローを持ってる時全般に言えますけどね。リバーのチェックはルースアグレ系のフィッシュに対しこの両方の点において有効なアクションとなります。

ただし自分のハンドがナッツに近い場合ならインプライドを与えないということに注意する必要がなくなるのでリバーでチェックする必要性が薄れます。なのでこの場合はベットするかチェックするかは難しい判断となります。


・ ドローになった場合は自ら打っていく

ブラインドでレイズにコールしてドローになった場合などはチェックしてもどうせポットベットされるので、自らベットしてポットを小さくしていきます。小さくすると言ってもベットする額は普段通りです。ポットベットされるよりも小さい投資で引きにいけますからね。


・ CBを控える

コーラー相手に一番してはいけないのはブラフです。明らかにアウツがなさそうな時はCBを打たないで諦めるのが一番でしょう。


・ たまにスロー

相手のフィッシィー具合にもよるのですが、参加率が80%とかとにかくナッシングでも打ちまくるタイプに有効です。ただ基本的には相手はコーラーなのでフロップとターンは自分から打った方が得だと覚えておきましょう。



4.2 レイザー

このタイプはハンドを過信するタイプです。TP(トップペア)あればレイズしてオールインまで行くやつも多いです。とりあえずTPでレイズしているのを見たらこのタイプに属すると考えましょう。


対処法

基本的な対処方はコーラー&ベッターと同じですが、このタイプにフロップでレイズされたらオーバーペアはもちろん、TP+セカンドキッカーあたりまではオールインまで行ってもいいと考えましょう。もちろん負けてる場合もあるでしょうが、長期的に見れば勝ってる場合の方が多いです。自分のハンドが微妙な時は相手はフィッシュなのだからいつでも食べれると考えて無理しない方がいいですね。


注:ローレートには上手いルースアグレはいないという前提で話しています。ルースアグレのフィッシュ対策だと思ってください。


ポーカー戦略[初心者編] その7

1. vs タイトアグレッシブ

・ 参加率は20%以下。15%以下はロック。

・ アグレ度(AF:アグレッションファクター、PT等で表示できるデータで(ベットの回数+レイズの回数)/コールの回数で計算した値。)が2以上。

・ フロップCB率は60%以上。


対処法

・ チェックしたらとりあえずベット(ヘッズアップの場合)

こちらがオリジナルレイザーなら当然相手がチェックしたらCBを打つとして、相手がオリジナルレイザーの場合でCBを打たずにチェックした場合もポジションベットをします。タイトアグレッシブプレイヤーがCBを打たずにチェックする場合というのは、ボードとマッチしなかったか、もしくはとてもマッチしてモンスターハンドになったかのどちらかの時がほとんどです。そしてそれは前者である場合が多いので、ベットしてポットをスチールしにいきます。

ローレートの場合はトリッキーなプレーをするプレイヤーが少なく、また対応能力が乏しいプレイヤーが多いのでほぼ100%ポジションベットをしてもかまいません。ポジションベットのベット額としては相手が前者の理由でCBを打たずにチェックしたということはドローすらない状況ですので、普段CBで打っている額よりも少なめでOKです。CBが7割固定ならポジションベットは6割くらいでも大丈夫ですね。もちろん持ってる時も持ってない時も同額を打ちます。相手がナッシングの可能性が高いからといってとても弱いベットをしちゃうとAハイでコールされたり、相手がイラっとしてブラフレイズしてくる可能性もあるので良くないですね。たまに後者の理由でCBを打たずにチェックしてくるプレイヤーもいますので、その時はしっかりメモしておきましょう。

その他にもフローティングやプリフロリレイズ等有効な戦略はまだありますが、これらのプレーは初級戦略からずれてしまうのでここでは取り上げません。とりあえず「チェックしたらベット」だけ覚えておけば十分です。


・ 相手のレイズ基準を覚える

CB等にレイズされた場合、相手がどのレベルのハンドでレイズしてくるかをメモっておきます。TPはレイズ?ドローのアクションは?ブラフはどの程度するか?それらを総合して自分のハンドのベストハンドの可能性を見積もります。負けてる可能性が高そうならしっかりレイダウンすることも大事です。ローレートだとブラフ率が下がるのでワンペアでは無理しないのがベストだと思います。



2. vs タイトパッシブ

・ 参加率は20%以下。15%以下はロック。

・ アグレ度は1前後。

・ フロップCB率は40%以下。


対処法

パッシブになってしまうプレイヤーは2種類います。1つはハンドがないと打てないタイプ。もう1つはスローを多用するためデータ上ではパッシブになるタイプ。明らかに前者の方がウィークプレイヤーですね。上と同様にチェックしたら打ちましょう。スローを多用するタイプは少し面倒ですね。まあポジションベットの頻度は少なめでいいと思います。

レイズされたら要注意。オーバーペアでも相当きついです。



3. vs セミルースアグレッシブ

・ 参加率は20~30%。

・ アグレ度は2以上。

・ フロップCB率は60%以上。

・ 最近の傾向としてはプリフロップの3ベット(リレイズ)率が高いプレイヤーが多い。


対処法

このタイプは上のレートから降りてきていて、そこそこ打てるプレイヤーが多いです。なので慣れないうちは避けるのがベストですね。


またセミルースパッシブという分類も作ろうと思えば作れますけど、対処法がタイトパッシブやルースパッシブとほとんど同じなのでわざわざ分類しませんでした。


注:データに関しては6人卓の場合です。10人卓だと微妙に変わってきます。タイトに関しては2,3%くらい基準を下げる感じですかね。

8/8追記:ちょいと修正。僕は結構CB率で相手のアグレ具合を判断することが多いのです。フロップCB率に加えターンCB率も高いとよりアグレッシブになりますね。



プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。