The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカオにて その2

カットオフから600のレイズが入り、SBでハンドを確認すると88。リレイズしてもいいですがジャストコールするとBB(知り合い)もコール。


フロップ

6h 6d 4s  ポット1800



オールチェック。


ターン

6h 6d 4s Tc  ポット1800


ベットしてもいいですがチェックすると両者チェック。


リバー

6h 6d 4s Tc Th  ポット1800


88はかなりベストハンドっぽいですね。なのでバリューベットします。が、ここで1つ考えたいことがあります。

ボードは2ペアで主張できるハンドが少なく、しかもフロップとターンではチェックで回っているのでブラフがしやすい状況です。このような状況でもし自分がナッシングで「打ったら降りてくれそうだから」と適当なブラフをすると相手が打てるプレイヤーならかなり広いハンドレンジでコールされてしまいます。KハイですらAハイではブラフしてこないだろと考えてコールしてくるかもしれません。

そのような時にAハイ等にコールされたくない場合は僕はポットオーバーのベットをする事があります。もちろんそれでもコールされてしまう時もありますが、コールされる回数はグッと減ります。またそのようなブラフをするのならハンドを持っている時も同じようにベットすべきですよね。そして今の状況の88はハンドを持っていると考えていいと思います。

普通オーバーベットというのはマジ手かブラフですので、ここでオーバーベットをしてフルハウスorブラフと考えてAハイ等でコールしてくれれば儲けモノです。今までのプレーを見ているとオリジナルレイザーはそこそこ打てるがそこまで強くないという感じだったのでそのように考えてくれる可能性が高そうです。なので、、、


3000ベット


にBB(知り合い)がクイックコール。


(・3・)アルェー


それを見てオリジナルはフォールド。BBはTを持っていました。

BB「お前じゃなかったらレイズしてたよ」

そいつは失礼しました・・・。


ちなみにオーバーベットに対して頑張らない相手ならバリューベットよりもブラフによりオーバーベットを使うようにします。また普通のベットにもAハイ等をあっさり降りてくれる弱い相手にはオーバーベットブラフをする必要がなく、今回の88もそれをコールされたら負けている可能性が高いのでこのようなベットをする必要もないですね。




つづく・・・


スポンサーサイト

マカオにて その1

ども、久しぶりの更新です。

WSOPは行く気満々だったのですが、諸事情により断念。代わりにと言うわけではないですが、先週末に久しぶりにマカオに行ってきました。着いて早速ウィンのポーカールームを覗いてみると話には聞いてましたが300/600(HKD)が立っていました。100/200が立つ時にはほぼ常に300/600もあるような状況です。300/600が立つとこいつ強いなーって思うようなやつは大体そっち行くので100/200がなかなか良い感じになってくれます。なのでよほど300/600が美味しそうじゃない限りは100/200でプレーする予定でした。

最初の日は着いたばかりで疲れていたので25/50のポットリミットオマハを打ってみることに。オマハはあんまり経験無いとは言えパッシブなゲームなら負けない自信があります、がプリフロップがある程度アグレッシブになるとまだまだ勝てません。スターズの0.5/1(USD)PLOはちょっときつい。今なきFTの0.1/0.25PLOのラッシュポーカーなら行けそうな雰囲気でした。とりあえず見た感じ25/50には1人だけアグレッシブなやつがいるものの、その他は大したことなさそうです。

海外初のライブオマハを打ってみた感想としては・・・、4枚のカードを同時に確認するのが難しい・・w まあそれはいいとして、ライブのオマハだと100BBはかなりショートスタックですね。オープンレイズに2人コールのフロップオリジナルレイザーのCBに対するレイズが50BB弱とか100BBだとすぐにオールインになってしまいます。まあわかってた事ですが。結果は3時間くらい打って-5000。無茶ブラフをしてしまった。


次の日は昼頃に行くとまだ100/200以上の卓は動いていなくウェイティングを入れ、3時頃にやっと100/200がスタートしました。3万バイインで座ります。マカオはレーキが200HKDと高いのでタイト目に打つ予定です。ちょこちょこといくつかポットを取った後にBBでAJhが来ます。アーリーのリンプにミドルあたりから700のレイズが入り、それにコールするとリンパーもコール。


フロップ

Kh 9d 6h  ポット2200



ナッツフラッシュドローになりました。ドンクベットしてもいいですがチェックすると両者チェック。


ターン

Kh 9d 6h 4s  ポット2200


1500ベットするとリンパーからレイズメイク4500が飛んできます。オリジナルはフォールド。うーん、なんかセットっぽいですがヒット+フラッシュドロー以外のドローにはドミネートしています。相手のスタックを見ると残り1万弱しかありません。始めたばかりで舐められるのもあれだしセットでもいいやって感じでオールインすると相手クイックコール。セットかい。


リバー

Qh



おお、引いたw ナッツなので当然勝ち。そして数ハンド後のハイジャックでATcが来ます。レイズメイク800にするとカットオフがコール、ボタンのさっきの相手がリレイズメイク2400。そいつは2万リバイしています。なんか降りた方が良さげですがレイズ額小さいしルースコール。カットオフはフォールド。


フロップ

Ts 8c 6c  ポット5900



ナイスフロップ!スタック的にもうどんなプレーをしてもミスにならないようなハンドになりました。チェックレイズオールインでもいいですが今回はドンクベットすることに。4000ベットすると相手オールイン僕コール。


ターン Jh  リバー Td


お?これは勝ったっぽい。相手はQQを持ってました。同じ相手に2連続で引いてしまって少し申し訳ないですがいい感じのスタートを切ることができました。




少しだけつづく・・・


マカオ

マカオに行ってきました。1ヶ月前にw

今回はレッドドラゴンに参加し、キャッシュゲームは100/200(HKD)を打ってきました。

レッドドラゴンの方は7ラウンドくらいであっさり飛び。にししてもレッドドラゴンは今回初めて参加したのですが、日本人多かったですね。バイイン代10000HKDと決して安くはないのに。それだけポーカー人口が増えてきたってことですかね。嬉しい限りです。

キャッシュゲームの方は最近厳しくなってきたという話を聞いていたのですが全然ぬるかったです。トーナメント期間だったからかもしれませんけど。若いオンラインプレイヤーが少なかった気がしたのでそれもあるかもしれません。基本的にハイレートを打っている若いプレイヤーはポーカーで勝ったお金でその卓に座っている場合がほとんどなので、彼らは普通に勝ち組です。なので若いプレイヤーが多い=辛いテーブルというのが一般的な考えです。もちろん彼らのレベルもピンからキリです。年間数万ドル程度の稼ぎのやつもいれば数十万ドル以上稼ぐプレイヤーもいるでしょう。ベガスで打っていた時にバイイン額とプレイヤーレベルには相関関係があるように感じました(10/20(USD)はノーリミットバイイン)。まあ当然と言えば当然ですけど。僕でもBRが十分にあって卓上でベストプレイヤーだと感じたら全員をカバーするようにバイインしますしね。


ここからはベガスで10/20を打った時に感じたことと推測。


・2000~3000ドルでバイイン

オンラインでは1/2~2/4がメイン。ライブはオンラインに比べてぬるいので、普通はオンラインで打つよりも高いレートで打つ(打った方がよい)。BRギリギリで1/2を打っている場合は無理ですが、1/2でそこそこ稼げているのにも関わらずレートを上げないで1/2とどまっているプレイヤーも結構いるので、そういうプレイヤーはライブでは5/10や10/20を打つ(と思う)。強いと感じるプレイヤーはあまりいない。


・5000ドル前後でバイイン

オンラインでは2/4~5/10で主に打っている。こいつ強いなっと思ったプレイヤーは5000ドル以上でバイインしていることが多い。


・10000ドル以上でバイイン

オンラインでは5/10~25/50もしくはそれ以上でプレー。25/50が立てば大体そっちに移動する。ディープスタックなのを生かしてルースアグレッシブにプレーするやつが多い。正直僕は彼らのようにプレーできないし、彼らには勝てないと思う。しかしたまーにヘンテコなやつも混じっている。


※ベガスの10/20、そしてオンラインプレイヤーであろうプレイヤーのみが対象。BRが足りない、現金を持っていない、見栄を張っているだけ等の場合ももちろんあるので例外もあり。世界中から集まってくるWSOP期間中に上のような傾向が比較的強く現れると思う。普段はライブ中心のプレイヤーが多いのであまり参考にならない・・・と思う。


メインイベント

WSOPメインイベントに参加して来ましたが、僕はDAY2で飛んでしまいました。プレーした印象は7000人以上参加しただけあって、高額バイインに関わらずかなりぬるいトナメでした。まあぬるくてもついてなければ普通に飛んじゃいますよね(´;ω;`)

あとはキャッシュゲームでもちょろちょろ打ってベガス遠征も終わりです。長かったような短かったような。

にしてもなんか燃え尽きた感があるので、もうさっさと日本に帰りたい気分ですね('∀`;)


現況

ちは。

25/50をちょっと打ってみたら少し痛い目みたマイケルです。

WSOPもすでに中盤ですね。僕はすでに5000ドルのやつに1つ出ましたがインマネならず飛び。残りの予定は5000ドルイベントをもう1つとメインイベントに出ようと思っています。

5000ドルイベントに出た感想ですが、人数が少ないだけあって普通にレベルが高かったです。トッププロもうじゃうじゃいるし、フィッシュなんかは1人か2人見かけたかどうかくらいでした。そう考えるとやっぱメインイベントが一番大きなエッジが得られそうですね。

イーストゲートは「サイドイベントに出るのは金の無駄だ」と言ってメインイベントにしか出ない予定らしいですが、ブレスレットに興味がないのならほんとそうだと思いますね。お金を稼ぎたいのならキャッシュゲーム打ってる方が全然いいし。

というわけでサイドイベントは大きめのやつだけにしてあとはキャッシュゲームに専念しようと思います。遠征中に1回くらいは高いレートで熱い勝負がしたいなぁ。もちろんwithフィッシュでw



プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。