The Lord of the Best Poker Player

ポーカーやっていく上で何か記録に残したいと思って立ち上げたブログ。最近戦略を書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXを始めた経緯

この記事だけこっちにも貼っておきます。

FXを始めた経緯


スポンサーサイト

マカオにて その3

前回のハンドあたりから段々ハンドが入らなくなってきます。レイトポジションで参加した時に2回ほどフロップ2ペアを引きましたがどちらもひどいボードになりダウン。全然ポットが取れない中、カットオフでQQが入ります。ハイジャックがリンプしたのでレイズメイク1000にするとボタンとリンパーがコール。


フロップ

9s 8s 4c  ポット3300



リンパーチェックに普通はベットですが迷ってチェック。フリーカードを与えてしまうことに関してはボタンがドローを持っていたら打ってくることの方が多いしそこまで悲観的になることでもありません。ただしターン以降のプレーが難しくなってしまうことがありますので、ゲームを単純化したいのならここでベットした方がいいですね。ボタンがベットしたらコールかレイズ。リンパーがそれにコールしたらレイズする価値が上がります。しかしボタンはチェック。


ターン

9s 8s 4c Js  ポット3300


3枚目のスペードですがQQの1枚はスペードなのでさほど悪くないカードが落ちました。リンパーチェックに今度は打ちます。2500ベットするとなんとボタンがレイズメイク7000に。それにリンパーはフォールド。んー、フラッシュもなくはないですが前述したとおり普通はフラッシュドローを持っていたらフロップで打つことが多いと思うのでもし負けているとしたらストレートか2ペア。しかし予想として本命はAJのAsかKJのKs持ち。次点でAsかKs持ちのブラフ、またはJ8。そしてその他。負けている可能性もあるけど勝っている可能性の方が高そうだし、負けているハンドに対しては大体は引き目もあるのでイージーコールです。アイコール。


リバー

9s 8s 4c Js 5s  ポット17300


チェックすると10000ベット。これはあかん。フラッシュを引いたとはいえこれはターンの時点で負けていた場合の保険の様なもの。それらのハンドは4枚目のスペードでチェックしてしまうことが多いはずなのでこれはAハイかKハイフラッシュの可能性が高いです。ピュアブラフもあるけれども・・・。少し時間をかけてダウン。2ペアでベットしてたとしたらナイスベット・・。


またなかなか参加できなくタイトに打っていた時にハイジャックでAKoが来ます。リンパー1人に対して1000にレイズするとSBとBBがコールしリンパーはダウン。


フロップ

Qh 7s 3s   ポット3200



ブラインド両者チェックに2000ベットするとSBのみコール。このSBはフィッシュでフロップのコールレンジがかなり広いです。なのでここでコールされたのはほぼ予想通りでターン以降もプッシュして降ろしてあげる予定です。


ターン

Qh 7s 3s  Qd  ポット7200


うーん、ブラフしにくいカードが落ちました。フィッシュチェックにAハイグッドの可能性も結構あるのでブラフする必要ないと判断し予定変更でチェックに。リバーでベットされたら大体はコール予定です。


リバー

Qh 7s 3s  Qd Qs  ポット7200


フラッシュ完成の可能性のあるカード、これはよろしくない。そしてフィッシュ3000ベット。うーむ・・・。フラッシュかフルハウスか知りませんがなんかバリューベットくさいです。コールしていいのかもしれませんが、少しAハイではコールしたくない雰囲気です。だけどフロップの時点からポットを取る気満々だったのでダウンするのは何か悔しい・・・。

よってコールではポットが取れなそうなので予定を更に変更してレイズすることにしました。ターンでQが被ったからビッグペアをチェックしたがリバーでフルったのでレイズした、というストーリーは全然あり得るでしょう。ハンドが入らなすぎてかなりタイトだったというのもありますし、しかもこいつはベットしてはレイズされて降ろされている場面が多くかなりレイズに対して弱いです。

持っていた場合に打つであろう額13000にレイズすると・・・、フィッシュあっさりコール。フィッシュは74をショウ。うーむ、いいハンド持ってるな。


ちなみに僕はブラフをコールされた時にその相手のプレーに対して愚痴を言うのはあまり好きではありません。「よくそんなハンドでコールできたな!このフィッシュが!」みたいなのはよく聞きますが、個人的にはブラフをコールされたのならコールされるような甘いブラフを打った自分がフィッシュだし、明らかに相手のコールがバッドコールだと言うのならそのようなコールをする相手にブラフをしてしまった自分が悪いと思っています。またそのブラフをコールされたとしても長期的には期待値プラスだというのなら別に文句もないはずだしコールされたのは結果論でしかありません。

今回のだってたまたまフィッシュが(彼にとって)レイズにコールできるだけのハンドを持っていただけのことです(ブラフした事自体が間違いだったかもしれませんがw)。なのでこの場合は、


7なんか持ってんじゃねえよ・・・


が正しい愚痴り方です(`・ω・´)b チルらないようにその日はこれで退散しました。



つづく・・・


今年の予定

もう1月も終わってしまいますが、、、あけましておめでとうございます。

昨年はベガス遠征したりとなかなか濃い1年でしたが、今年も充実した1年を送りたいと思っています。一応今年の予定として今考えていることは、ライブトナメに関してはWSOPはほぼ確実に参加予定。WPT等もいくつか参加したいと思っていますが、ただプレイベートが今少し忙しいので最近はあまり打てていません。それが一段落したらトナメに出るために世界回るのも悪くないかなとか考えています。まあ実際にやるかはわからないし、今年中に実現するのも厳しそうですがw

では皆さん、今年もよろしくお願いします。


ダウンスイング

ちは。ただいま僕のポーカー歴の中で一番のダウンスイングの真っ只中にいるマイケルです。ちょっと普通じゃないくらいついてないですね。タダでさえ初手の時点でついてないのに(AKvsAA連発したり)、たまに勝ってる時にオールインできても捲られるんだから(AAvs88の200BBオールインで負けたのは萎えたw)まあ勝てんw

しかしこんなものでヘコタレません。あるボクサーの名言でこんなものがあります。

「上昇気流にある者は誰でもヒーローになれる。男の本当の価値は何一つうまく行かない時にそれでも前に進む根性があるかどうかだ。」

これはどのような世界でも言えることでしょう。調子の良い時は何をやっても勝てることがあるのでそんな時は誰でも勝てます。誰でも勝てるのですからそんなものは自慢にもなりません。しかし何をやってもうまく行かない時というのは必ずやってきます。もしそのようなものを体験したことがないと言うのならそれはタダの経験不足です。そしてその人の真の価値がわかる時というのはそのような時です。普通ならほとんどの人がここで脱落してしまうでしょう。しかしもし成功したいのならここで立ち向かう勇気を奮い立たせなければなりません。こうした逆境から這い上がるたびに人は成長します。逆境から這い上がって来れたと言う事実がその証です。

逆境を払いのけるためには継続しなければなりません。継続することが勝つための保証ではありませんが、継続しなければ勝つことはできないのです。

なんか偉そうに書きましたが、僕がまさにその状況なので自分への叱咤激励ってことでw


今年の年末はベガスに行ってきます。では皆さん良いお年を。


リクエスト

お久しぶりです。1度更新頻度が下がると更新が面倒になっちゃいますね・・・('∀`;)

スターズ悪くないです。とりあえず負けることはなさそう。エベの5/10NLとスターズの2/4NLのレベルが同じくらいだって言ったのは少し過大評価だったかも。ちなみに僕の6maxのVPIP/PFR/3Bet%は25/20/7で2/4NLの常連の中ではほぼ標準です。これが5/10NLになると少しタイトパッシブ目になります。多分27~28/21~22/8くらいが標準になるんじゃないでしょうか。1/2NLなら22~23/18~19/6とかかな(適当)。もちろんレートが下がるにつれて全体的にこの数字が下がっていきます。まあ当然ですね。しかしこの数字はただの標準であって、その数字になるようにプレーしようが、そこから外れようが、勝てるプレイヤーは勝てるし負けるプレイヤーは負ける。そしてそこから更に激しく外れると勝てるプレイヤーも負ける。VPIPが35%超えの99%はフィッシュ。しかしその数字で激しく勝っているプレイヤーもいたりするから驚く。まあ何人も知らないですけどね。

http://www.pokertableratings.com/stars-player-search/x+JD+KILLERx

このプレイヤーは36.7/28.9/14.1(卓人数5~6人でフィルター)これで勝てるとかありえん。クレイジーすぎるw



では軽くリクエストに回答。

Q:フロップでセットをたくさん作るおまじない

A:自分のポケットペアの数字を心で叫ぶと10回に1回くらいセットになります。



22で相手のレイズにコール。「に!にぃ!」

フロップ A 5 2


Q:AIEVから上ぶれするおまじない

A:知りません。僕が教えて欲しいくらいです。


Q:下振れした時のメンタルの持ち方

A:自分が期待値プラスのプレイヤーであるという自信を持つことが大事です。この自信をしっかり持っていれば少しくらい下ブレしても「打ち続ければプラスになる」と信じることができるので、その時は多少落ち込んでもしっかり立て直すことができます。しかしこの自信が揺らいでしまうと「打ち続ければプラスになる」という根底が崩れてしまうので、その時は勉強しなおしたりレートを下げたりしたりして再び自信を作り上げるよう努力します。とりあえず自分は勝てるということを確認することが大事です。


Q:3betに対するディフェンス

A:この記事は100ドル振り込まないと読むことができません。


Q:頻度の高いdonkbetへの対処

A:donkbet率が高くなれば高くなるほど、相手がCBしてきた時と同じように対処すれば良くなります。まずはどのようなハンド、ボードでdonkbetするのかの見極めが重要ですね。



プロフィール

Michael

Author:Michael
テキサスホールデムを極めるべく毎日精進しています。最近オマハにも手を出しました。
チームアグレとチームヨゴレに所属。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
メールフォーム

個別にご連絡のある方はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索

リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。